シリウスの書庫

閉鎖されたブログ「シリウス文明がやってくる」の転載記事を元に、弥勒の世を目指すライトワーカーの為の先達の教えを解説と共に紹介しています。

ファースト・コンタクトに備えるために極めて重要なこと

光のネットワークに繋がることは、高次元に存在するあらゆるスピリチュアル・ガイドたちと繋がることを可能にしてゆきます。 自分自身の中心軸に留まっている状態は、光のライトを点滅させて“わたしはここにいますよ!”と手を挙げて宣言している状態です。

「人生の転換期」の前触れとして起こるサイン

普段使用している物質的なものが切れたり壊れたりすれば、それを交換、もしくは新調する必要が生じます。 つまり、それらの動作を強いられることから、“新しいものに切り替わる”ということで、人生の転換期が、迫っていますよと教えてくれています。

人生は、霊性進化の極限ポイントを見つけ出す旅

意識の転換点を見つけ出すことが出来れば、異なる次元領域に入ってゆけます。 精神世界や、スピリチュアルの世界では、その意識の転換点を、「悟り」という言葉で表現することもあります。

「内なる声」という直観を如何にして見抜くか

内なる声 彼ら彼女らからの声、もしくは、高次の自分自身という、ハイアーセルフからの「内なる声」であれば、それらは、安心感、安らぎをもたらす感覚が生じます。 それは清涼感を伴い、気分が落ち着いて呼吸が緩やかな状態に保たれる感覚があるはずです。

「聖なる川」に身を委ねる

弁財天さま 私たちが、不必要に抱え込んでしまった、感情のしこり、ネガティヴな想いを、川の水に流してくださいと、弁財天さんにお願いすれば、彼女はきっと、手伝ってくれるでしょう。

スピリチュアル・ガイドと同調するための基本的原則

私たちが、天上界の神々や、高次元のスピリチュアル・ガイドたち、天使界の住人たち、もしくは、自然界の住人たち、などと繋がるためには、基本的には、リラックス状態に身を置く必要があります。

2つの世界を繋ぐ橋

物質界という「この世界」と「弥勒の世」という高次元領域の世界。2つの世界には透明な橋が架かっています。 2つの世界を繋ぐ橋を渡るためには、透明な心を取り戻す必要があります。透明な心を取り戻すには“自分自身を絶対的に信じる心”が必要です。

一般的な意味での「忙しい「3次元世界」と、多次元世界とを両立する場合

物質界という「この世界」は仮想現実世界であり、多次元領域宇宙の世界のほうが、超現実的世界です。 このことを念頭に置いた上で、感情に流されずに、理性の心を保持することです。

忙しい「3次元世界」と、多次元世界とを如何に両立するか

物質界という「この世界」が仮想現実世界であるということを認め、そうであれば、不安や恐怖も幻想であるということを認めることが出来るでしょう。 そうしたら、次は自分自身と向き合うことです。 多次元領域宇宙への入口はそこにあります。

「世界を変える」とは、高い次元領域に上昇してゆくということ

水瓶座の時代に向かう、この時期に至っては、3次元物質界自体を変化させたのではなく、自分自身が、以前よりも高く上昇したことにより、より高い領域の人々、環境などを、自分自身の周囲に引き寄せたということになるでしょう。

心の内側に存在する神殿

私たちの心の内側に観える、小さな光の点とは、神社の拝殿に置かれてある鏡そのものです。 私たちの心の内側にある鏡は、私たち自身の真なる姿を映し出すとともに、私たちの内なる神に気づかせるために、光を反射して返す鏡です。

清廉清浄な魂の輝きを取り戻させる唄

私たちは、アセンションを果たすのが最終ゴールではないのです。 私たちがアセンションを果たすのは、銀河系宇宙人類としてのスタートです。 それは、希望と輝きでしかない未来への、大いなる“始まり”であるのです。

魂の二極化の分岐点通過

神理の道を順調に進まれてきた方々においては、さらなる幸福と喜びの道へと邁進されることでしょう。 そうでない方々は、一層の精進の上、心と魂の浄化に励むことで、地球のアセンションの波に乗っかってゆくことは可能です。

あらゆる場所にチャンスを見出そう

あれが善くて、これが悪いだとか、光だけが善い、闇だから悪いという偏ったものではなく、そのどちらもが、許された世界が、この地球の3次元領域でした。 いわば、宇宙の進化のための実験場です。

光のネットワークに繋がるための秘訣

光のネットワークに繋がるための秘訣があります。 ★愚痴をこぼさない ★悪口、陰口を言わない ★他人を蔑んだり、貶(けな)したりしない ★いつでも、自分自身が朗らかな気持ちでいる ★いつでも、他人を祝福している ★いつでも、他人を褒め称えている